動物管理システム PLACT




PLACTロゴ


PLACT(プラクト)は、動物実験申請・遺伝子組換え実験申請をサポートする動物実験審査システムと実験動物の入手から日々の飼育管理業務をサポートする動物飼育管理システムから構成されるシステムです。


PLACTを導入する3つのメリット

  • コンプライアンスの強化 ●システムが計画の申請・承認手続きを適正に実施・記録します。

    ●厚生労働省ガイドラインの遵守や動物福祉への配慮を担保。

    ●第三者機関からの調査対応も容易です。
  • 動物管理業務に関わる情報を一元管理 ●システムが関係者の間での情報共有をスムーズにするので、業務の負荷を減らします。
  • ニーズ・環境に合わせた柔軟な
    システム導入に対応
    ●動物実験審査システム、動物飼育管理システムのどちらか一方のみの導入も可能。

PLACTは、動物実験計画の申請から飼育管理、
終了報告まで一連の業務をサポートします

PLACT全体図

 

医薬品業界向けの豊富なシステム開発・運用実績

  • 医薬品業界に特化したSIerとして、創業以来多くの製薬企業へサービスを展開
  • CSV対応経験豊富。計画のコンサルティングからUAT実施支援まで一連のサポートが可能
  • AAALAC(国際実験動物管理公認協会)認証を受けた国内製薬企業研究所への動物管理システム導入・運用経験あり

動物実験審査システム

動物実験審査、及び、遺伝子組換え実験審査を適正かつ効率的に実施できるように支援するシステムです。

基本審査フロー

 

申請者/承認者支援機能

20_計画書一覧画面
計画書一覧画面
20_申請画面
申請画面
  • 動物実験、遺伝子組換え実験の申請が可能

  • 審査事例検索可能、検索結果ファイル出力可能

  • 申請書のPDF出力可能

申請者向け

  • 入力補助機能
    (ガイド、記入例などを確認可能)

  • 下書き保存機能、コピー機能

  • 関連実験を設定可能
    (動物実験申請に関連する遺伝子組換え実験申請のリンクなどを設定可能)

承認者向け

  • 承認依頼メールからシステムを起動可能
  • 付箋機能
    (指摘箇所に自由にコメント可能)
  • 修正履歴閲覧機能
    (変更箇所を色分けして表示)
  • 教育訓練受講状況を確認可能

事務局支援機能

20_申請一覧画面
申請一覧画面
20_審査員一覧画面
審査員一覧画面
  • 各申請の状況を一覧管理
  • 委員の審査回数の集計が可能
  • 教育訓練の受講状況を一覧管理
  • 柔軟な権限設定
    (審査委員長の代理承認設定なども可能)

システム管理者支援機能


20_ワークフロー経路  
ワークフロー経路
矢印アイコン 右6
20_ワークフロー経路設定画面
ワークフロー経路設定画面
  • ワークフロー設定は基本パターンから容易に変更可能
  • 各種マスターは画面から修正可能

動物飼育管理システム

動物の飼育履歴を速やかにかつ適切に記録・共有して、質の高い管理業務をサポートします。


 

小動物・大動物双方の飼育管理に対応

  • 入荷情報は一括で登録可能
  • 飼育履歴、治療履歴を一元管理
  • 飼育場所の管理が可能
    例)飼育室空き状況の確認、ケージ配置図出力
10_観察記録詳細画面
観察記録詳細画面
10_個体情報詳細画面
個体情報詳細画面

 

飼育室から観察記録をタブレットで入力

  • バーコードスキャンでケージ情報を呼び出し
  • 観察所見を簡単操作で登録
  • 動物の状態を写真撮影し添付可
修正履歴画面
ケージラベル
観察記録入力画面
観察記録入力画面

異常所見、処置を関係者へ速やかに共有

  • 異常所見は、登録時にメールで自動通知
  • その後の処置や対応もメールで自動通知し、状況を的確に把握
異常所見

 

匹数管理をもとに飼育動物数、使用数などを集計可能

  • システムとケージ内の匹数差異を共有し、精度向上
  • データ出力機能により報告作業、集計作業を支援
10_在庫一覧画面
在庫一覧
集計表
集計表

 

クラウド版、パッケージ版の2タイプから選択可能

  • クラウド版のメリット

    ■サーバーなどのシステムインフラの準備が不要
    ■アプリケーション保守作業はCACがリモート対応
    ■社外からの利用が容易
  • パッケージ版のメリット

    ■社内システムとの連携が容易
    (例:認証基盤との連携によるシングルサインオンの実現、
    実験番号などの他システムとの共有 など)

 

カタログを表示するにはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトよりダウンロードし、インストールを行ってください。ダウンロードは、ここから

カタログダウンロード