***

コンセプト

コンセプト

 

HCTechとは

HCTech活かして未来を創る

Human Centered Technology (HCTech)とは、新しい時代のためのCACのソリューションコンセプトです。

人を中心としたヒト・モノ・コトに関するあらゆるデータを、センサー類やIoTなどさまざまな技術で検知し、

AIが分析・推定することで、人を察し、人を活かし、人を健やかにする、人を中心とした技術です。

1_HumanCenterdTechnology

 

 

変わりゆくIT活用

これまでのIT活用

主にパソコンやスマートフォンをUIとして、人がまず能動的に働きかけ指示を行うことで、初めてActive(能動的な)な価値を提供するものでした。

 

 

 

IT_Before
sozai_cman_jp_20200628152440

これからのIT活用

人の周辺のあらゆるもの(例えば鏡や車など)をUIとし、AIと組み合わせて人およびその周辺の環境を察して、Reactive(受動的な)価値を提供します。
AIやIoTが自ら察することで作業が効率化され、人はよりクリエイティブな活動や人同士のコミュニケーションに時間を使えるようになり、そこから新たな価値が生まれます

IT_After

Human Centered Technologyの中心となるのはAIであり、

CACが目指すのは、

人を察し」「人を活かし」「人を健やかにする」ためのAI活用

hctech001

技術によって人の職はなくならない、むしろ人を活かすために活用するのが技術である

技術が発展しAIの実用化が始まった当初から、AIが人間の職を奪うという議論が絶えません。
 
確かに、AIの導入によって機械化される業務(タスク)はあります。
しかし、職そのものがなくなることはありません。
 
AIの導入によって高負荷タスクから解放された人材が、人手が足りていない既存業務に従事したり、AIを活用した新しいタスクが生まれ、新たな職が創出されることもあります。
 
HCTechの活用は、現在我々の社会の人手不足や低い労働生産性を解決し、さらに、今日の世界的な要請であるSDGs(持続可能な開発的目標)に対する具体的な実現手段であると、CACは考えております。

 

CACHCTech取り組み(強み)

CACは、技術をベースにソリューションを考えるだけでなく、市場や顧客のニーズなどビジネス側面の需要も考慮したうえで、
「現場が活用できる」、「実用性がある」AIモデルおよびソリューション開発を実施しています。
 
顧客のニーズや目的に応じて、データ収集からアノテーション、モデル構築、ソリューション化まで、CACは一貫してご支援いたします。