***

製造業のお客様

製造業のお客様

CACは、デジタルテクノロジーを用いて製造の現場に最適なIoT×AIの技術を活用し、

工場におけるスマート工場の発展に向け、幅広い要素技術で実現をサポートします。

 

HCTech実現できること

 

Industrial IoT

【Industrial IoT】

稼働状況や生産状況の進捗把握
既存のPLCをIoTゲートウェイに接続し手軽な設定を行えば、クラウド経由でデータを可視化し、リアルタイムで生産と稼働状況を監視することが出来ます。

●遠隔監視を活用した効率的な保守作業
遠隔監視を利用すれば、現場の状況を事前に把握し、必要な準備を整えておくことで、効率的な保守作業が可能となり、時間やコストを削減出来ます。

 

姿勢・動作推定

【姿勢・動作推定】

●作業ミス・異常の検知
作業員の転倒動作を認識し、管理者にアラートを飛ばすことで、その後の対応を迅速化することが可能です。
また、姿勢や動作だけでなく、物体検知と組み合わせた複合認識を活用すると、組み立て作業などの単純作業時のミスを検出することが可能です。

●熟練者の動作順やタイミングをマニュアル化
熟練者の特定動作を学習し、パターン化およびマニュアル化することにより、繰り返し作業において無駄な動作を極力減らし、パターンに外れた動作を検知することで、短期間での熟練化を支援することが出来ます。

外観検査

【外観検査】

●不良品検出 (不良品防止、品質チェック)
製造ラインに流れる部品や食品などをカメラで常時モニタリングして、キズや汚れを検出できます。
また、検品・検査作業がAIを活用し自動化することで、これまで目視検査でかかっていた膨大な作業時間を削減でき、チェックのばらつきやミスも低減できます。

 

顔認証

【顔認証】

●規制エリア入退室
規制エリアの入口にカメラを設置し、入室しようとする人を検知することで、事前に登録された人のみを見わけ入室許可を与えることが出来ます。それにより不正侵入を防ぎ、機密情報や作業の安全性を守ることにつながります。

 

●作業者の居場所特定
顔認識技術を用い作業者の居場所を特定することで、作業員の安全や入室制限エリアへの入退室管理などを確保することが出来ます。

 

動線分析

【動線分析】

※動線分析で活用する要素技術は「物体検知」となります。

●効率的な製造ラインの設計
工場において作業員の動線を分析することにより、物の配置や通路など最適なレイアウトを見出し、不要な動きを減らして作業時間短縮化、効率向上、業務ミス低減につなげることが出来ます。

 

 

製造業向けソリューション